【開発】重大な問題に対する修正及びマップ選択システムの適用日程について

プレイヤーの皆さん、こんにちは。

本日は、開発チームから報告がありました「重大な問題に対する修正日程」につきましてご案内させて頂きます。

まず、我々が現在直面している諸問題の解決に努めている間、お待ちいただいた皆さまに深く感謝を申し上げます。我々は、PUBG コンソール版に対するプレイ経験が皆さまの期待に沿っていないことを認識しており、コミュニティ上に上がってくる皆さまの貴重なフィードバックやバグ報告を確認しております。そして、PUBGを持続的にご支援いただいていることに心から感謝しております。

フリーズ/Hitchingの問題

ゲームの序盤にアイテムを取得・使用する際に、多くのプレイヤーの方々が重大なフリーズ及びHitchingの問題に直面されました。この問題につきましては、Redditコミュニティのプレイヤーの情報提供により、早急に問題を把握し修正を行うことができました。

4月26日午前11時に行われた修正を通じて、該当の問題に対する修正が完了いたしました。ゲームをプレイする中で直面している問題に対して、情報提供及びフィードバックをくださったプレイヤーの皆さまに、心より感謝を申し上げます。

レンダリングの問題

コンソールの開発チームは、レンダリングが遅い問題とワールドのローディングを改善するために最善を尽くしています。先日、開発日記を通じて皆さんにお知らせした通り、全マップで大量のデータ計算が必要なため最適化が非常に複雑な問題となっておりました。

現在PUBGが準備を行っている次回の最適化を通じて、ローディングされるデータサイズを減らし、レンダリングの速度を改善を図ります。これによりローディングの速度が向上され、粘土状の建物は減り、レンダリングが完了している建物が増えると予想されます。

より分かりやすくお伝えするために、最適化済みの状態で撮影を行った「Vikendi」マップのCastleでのプレイ動画を用意いたしましたので、ご覧ください。

該当の最適化は、5月中にライブサーバーに適用することを目指しております。我々は最適化作業をこの段階で中止せずに、コミュニティの皆様が最高のPUBGを経験することができるように、最優先で作業を進めていきたいと思います。

マップ選択のシステム

今年の1月に「Vikendi」の配信に伴って、マップ選択のシステムが変更されました。この変更に対して、ソーシャルメディアやコミュニティで多くの貴重なフィードバックを受けており、この変更が全プレイヤーの皆さんを満足させることができていないことを理解しております。この告知を通し、なぜこの変更を実施するに至ったか、そして今後の計画についてお伝えいたします。

PUBGは、プレイヤーの皆さんに希望のマップでプレイができるようなマップ選択のシステムを提供したいと考えておりますが、全マップが選択できるようになってしまうとマッチングオプションがあまりにも広範囲になってしまう恐れがあります。4つのマップ、2つの視点(TPP/FPP)、そして数多くの地域、となるとマッチングまでの待ち時間が大幅に増加すると予想されます。

PUBGでは、長期にわたりPCとコンソールの両プラットフォームにおけるマップの選択システムを改善するために最適な方法の検討を行っております。最適な改善案が出るまでに、コミュニティのフィードバックおよびご提案などを考慮しマップの選択システムを下記のように変更いたします。

「単独」マップの選択システム

パッチ前
・単独マップ:Vikendi
・スタンダード:Erangel、Miramar、Sanhok
・クイックジョイン

パッチ後
・単独マップ:Sanhok あるいは Erangel(周期的に変更予定)
・スタンダード:残りの3つのマップ
・クイックジョイン

まずはじめに単独マップとしてSanhokを設定し、PCに適用されたErangelのドロップ率再調整のパッチがコンソール版に適用される際に、Erangelが単独マップとして設定される予定です。

単独マップの選択システムは、4月26日午前11時の修正を通じて適用されておりますので、現在ライブサーバーで確認することできます。

改めて、長い間お待ちいただいた皆さまに心より感謝を申し上げます。
引き続きよりよいサービスが提供できるように最善を尽くします。

『PUBG』コンソールチーム一同

この記事を議論する
この記事を共有する