PUBGラボレポート | モーターグライダー

勇敢なプレイヤーの皆さん、PUBGラボにおかえりなさい!

モーターグライダーに乗って、バトルグラウンズ上空の飛行を楽しんでくださったことと思います。飛行中に皆さんが見せてくれたモーターグライダーのスキルはさることながら、空中戦を繰り広げる様子に感銘を受けました。

また皆さんから多くの支持をいただいたことに感謝して、1月15日にライブサーバーにてモーターグライダーをリリースすることが決定しました。操作方法のほとんどはPUBGラボ: モーターグライダーのお知らせで説明した内容と変わりませんが、いくつか変更点があります。CONSOLEプレイヤーの皆さんはSeason 6開始と同時にリリースとなります。

  • モーターグライダーは、Miramar及びErangelのみスポーンします。
  • モーターグライダーは、二人乗りです。操縦席と銃が使用可能な後部座席があります。
  • モーターグライダーは、マップの至る所にスポーンします。
  • 離陸するためには、一定速度到達後、Sキーで離陸します。
  • モーターグライダーのガソリン消費量は、エンジン回転数に比例するため、速度が速いほどガソリンを多く消費します。
  • モーターグライダーは、ガソリンがない状態でスポーンします。ガソリンを必ず入れてからエンジンをかけてください。
  • モーターグライダーで上昇できる高度に限度はありませんが、高度が高くなるにつれて速度は次第に減少していきます。
  • 操作方法
    • WASD – 高度&方向の調整。(Xbox One: L-Stick / PS4: L3)
    • 左Shift/左Ctrl – エンジン出力調整。(Xbox One: LT & RT / PS4: L2 & R2)
    • 着陸状態 – Spaceキー: ハンドブレーキ。(Xbox One: Y / PS4: Triangle)

モーターグライダーがスポーンする場所と頻度を最適化するためスポーン率を調整します。ラボ期間中は、モーターグライダー10台が10ヵ所に固定スポーンされていたためスポーン率は100%でしたが、今後は、モーターグライダー10台が、40ヵ所にランダムスポーンされるため、スポーン率は25%となります。新しいコンテンツとしてモーターグライダーのスポーン率のバランスをテストするため、スポーン率は今後も何度か変更する可能性があります。

モーターグライダーにおける最大の変更点は、ガソリンタンクが必要となったことです。すべてのモーターグライダーはガソリンがない状態でスポーンされますので、敵が向かってくる前にモーターグライダーのガソリンを補給しましょう。

モーターグライダーに関するアップデートはさまざまな内容が計画されています。中でも近日中にはモーターグライダーのキー設定が可能になる予定です。今後ともモーターグライダーのアップデートを楽しみにしてください。

結果報告

モーターグライダーモードを利用したプレイヤーは、平均して1日に4回、55分間プレイしました。

その中で60%のモーターグライダーが衝突による事故で破壊されました。上手く飛行することが大切ですね。

SRでの狙撃に因り、25%のモーターグライダーが撃ち落され、13%のモーターグライダーは、レッドゾーンによって無慈悲にも散りました。

マッチ序盤でみられたモーターグライダー争奪戦では、プレイヤーを早い段階で敗退に導きました。1マッチあたり平均30人が敵のパンチを浴びせられ、10人がモーターグライダーでロードキルされました。

ガソリンがない状態でのスポーンによりプレイヤーはまず、ファーミングを強いられその後、モーターグライダーに搭乗することになるでしょう。

モーターグライダーがフェーズの開始後すぐには優れたツールであることがわかりましたが、ゲームの後半では利点が限られているため、早い段階で使用し、フェーズ2の後は地上戦に持ち込むことをおすすめします。

またいつも通り、プレイヤーの皆さんから寄せられるモーターグライダーに関するフィードバックをお待ちしています。

PUBG開発チーム

この記事を議論する
この記事を共有する