アップデート | PC - パッチノート#6.1

プレイヤーの皆さん、こんにちは。

PUBG Season 6を目前に控え、大規模なアップデートが実施される予定です。今回はバトルグラウンズに新たな島が登場します!海にちなんで名づけられた新マップ「Karakin」は、バトルグラウンズに激しいアクションとスピーディーなゲームプレイ経験をもたらすでしょう。新たな脅威、新たな武器、そしてまったく新しい島があなたを待ち受けています。では、アップデート6.1の最新情報をご確認ください!

 

 

新マップ: KARAKIN

「高まる緊張感、スピーディーな展開: Karakin

Karakinは、北アフリカ沖に位置する2×2kmの島です。岩だらけの荒地で、広く開放的な地形の中、手応えのある交戦を楽しめます。

Karakinは狭くて速くて危険: Miramarの緊張感とSanhokのスピード感を合体させたマップをイメージしてください。Karakinではマッチあたり最大64名のプレイヤーがプレイすることができます。山岳地形での長距離ライフル戦、ユニークな戦略を駆使した市街戦、暗闇中で緊張が高まる地下戦まで。そして新たな環境要素であるブラックゾーン実装により、マッチごとに異なる環境下でのゲームプレイ可能になります。

ブラックゾーン(Karakin限定)

Karakinの建物を一瞬にして跡形もなく破壊し、煙の立ち上る廃墟へと変貌させてしまう「ブラックゾーン」を紹介します。

  • ブラックゾーンは、建物内の安全な場所にいるプレイヤーを外へ追い出すために実装されました。これは街、または建物にダメージを与えて全壊させることができます。
  • ブラックゾーンの脅威はマッチ中にリアルタイムで発生します。ゲーム後半に建物がある場所へ訪れた際に、建物自体がなくなっている可能性もあります。
  • サイレンの音が聞こえたらミニマップを確認しましょう、もし紫色の円の中にいたなら、すぐに避難しなければなりません!。

新規投擲武器(Karakin限定)

特定の場所で長時間滞在するようなゲームプレイ戦略に変化をもたらすために、粘着爆弾と粘着爆弾で破壊可能な壁を実装しました。

  • 壁に設置して破壊することができる粘着爆弾と、破壊可能な壁はプレイヤーにより多くのチャンスを提供します。
  • 建物内部にいるプレイヤーは、より多くの射撃ポイントを確保することができます。
  • 建物外部にいるプレイヤーは、突入の際により多くの選択肢が与えられます。「建物裏側から爆破して侵入するか、屋根からか、それとも両方?」すべてはあなたの決断次第です。
  • 探索好きなプレイヤーのために、各所にシークレットエリアを作りました。粘着爆弾の予備を1つくらいは容易しておきましょう。

最後に室内の銃撃戦がさらに面白くなるように、Karakinマップにある最も薄い壁には弾丸貫通効果を追加しました。損壊した壁の隙間から敵を確認した際、そのまま敵と交戦をするのか、後退し仲間と合流するのかなどのより多くの選択肢を提供することになります。

PUBGではプレイヤーの皆さんに新たな体験を提供するため、また、バトルロイヤルジャンルの可能性を広げるために日々努力を重ねています。テストサーバーにおける皆さんからのフィードバックを受け、今後のアップデートによるKarakinの武器スポーン率を調整する予定です。

皆さんが一日も早く、新マップKarakinを楽しんでいただけることをお待ちしております。

1/23追加

テストサーバー及びライブサーバーにKarakinマップが登場後、多くのプレイヤーがアイテムスポーン率に関するフィードバックを送ってくれました。

地上におけるアイテムスポーン率が、Karakinマップの交戦におけるスピード感と適合しないことがわかりました。

SQUADで地上に着陸後、十分な物資を確保できるようにすると同時に、アイテムリバランスを通じて、スコープ、回復及びブーストアイテムをより多く獲得できるように、また、地下トンネルを利用した戦略がゲーム後半戦に有利になるような選択肢とならないようにし、よりさまざまな選択肢が与えられるよう変更する予定です。

以下の内容をチェックし、リバランスされたKarakinを体験してみてください!

  • アイテムスポーン率調整
    • 地上にスポーンされる回復/ブーストアイテム及びスコープアイテム(2倍/3倍/4倍)スポーン率が増加しました。
    • 地上にスポーンされるDMR/SR武器のスポーン率が増加し、これに伴い武器アタッチメントのスポーン率を調整しました。
    • 近接武器、武器マガジン及びキャンテッドサイトスポーン率が減少しました。
    • Karakinマップからソードオフがスポーンされなくなりました。

新規車両:モーターグライダー

”蝶のように舞い、蜂のように刺す”

新規車両「モーターグライダー」を追加しました。

モーターグライダーは、1月15日よりライブサーバーに実装されます。詳細な内容は、01/14のPUBGラボレポート | モーターグライダーをご確認ください。

  • モーターグライダーは、Miramar及びErangelのみスポーンします。
  • モーターグライダーは、二人乗りです。操縦席と武器使用が可能な後部座席があります。
  • モーターグライダーは、マップの至る所にスポーンします。
  • 離陸するためには、一定速度到達後、Sキーで離陸します。
  • モーターグライダーの燃料消費量は、エンジン回転数に比例するため、速度が速いほど多くの燃料を消費します。
  • モーターグライダーは、燃料がない状態でスポーンします。必ず給油してからエンジンをかけてください。
  • モーターグライダーで上昇できる高度に限度はありませんが、高度が高くなるにつれて加速力は次第に減少していきます。
  • 操作方法
    • WASD – 高度&方向の調整。
    • 左Shift/左Ctrl – エンジン出力調整。
    • 着陸状態 – Spaceキーでハンドブレーキ。

Survivor Pass: Shakedown

コミュニティーミッション

  • プレミアムパスの購入にかかわらず、すべてのプレイヤーがコミュニティーゲージ上昇に貢献することができます。コミュニティーゲージが一定以上になるとインゲームスキンを獲得することができ、Karakinの隠されたストーリーを見ることができます。
  • コミュニティーゲージは、マップ上に散らばっているディスクを収集することで上げることができます。
    • 獲得できる特別な段ボール箱からは、次の3種類のアイテムのうち1つが手に入ります。
    • ディスクを回収すると、以下のようにコミュニティーミッションポイントを獲得することができます。
      • ディスクのかけら: 1ポイント獲得
      • 壊れたディスク: 2ポイント獲得
      • 古いDVD: 3ポイント獲得
    • コミュニティーミッションタブで進捗状況を確認でき、個人の貢献度に応じてXPを獲得できます。

シーズンミッション

  • シーズンミッションは3つのルートで構成されています。
    • 各ルートは1月、2月、3月と、毎月リリースされます。
    • ロックされている段階は、アンロックされるまでの時間が表示されます。

プログレッションミッション

  • プログレッションミッションを完了すると、大量のXPを稼ぐことができます。
  • ルート1、2はそれぞれ8つのミッションで構成されており、各ミッションの難易度は徐々に上がっていきます。すべてのプレイヤーが挑戦可能。
  • ルート3は10のミッションで構成されており、各ミッションの難易度は徐々に上がっていきます。プレミアムパス所持者限定。
  • マイルストーンは、デイリーミッション、ウィークリーミッション、チャレンジミッションで設定された目標に到達すると、マイルストーン達成となります。
    • 例: デイリーミッションを合計70個達成

チャレンジミッション

  • 指定された武器を使用することで達成できる、手応えのあるミッションです。
  • 武器リスト:
    • Skorpion (ハンドガン)
    • Win94 (SR)
    • QBZ (AR)
    • AKM (AR)
    • QBU (DMR)

来シーズンのためにレベルアップアイテムを獲得しよう

  • プレミアムパス限定ミッションの報酬として、来シーズンに使えるレベルアップアイテムを受け取ることができます。
  • これらのアイテムは売買不可で、次のシーズン(Season 7)開始時に有効化されます。
  • Survivor Passのレベルアップアイテムリスト:
    • 5レベルアイテムx2
    • 1レベルアイテムx5

生存タイトルシステム

  • Season 5の生存タイトル報酬は、Season 6開始と同時に支給されます。
  • Season 5の生存ポイント(SP)は、Season 6開始時にリセットされます。

ゲームプレイ

  • ARとSMG武器にサブ射撃モードの設定オプションを追加しました。射撃モードは単発、バースト、オートの3つが存在します。
  • オートモードをメインに、単発モードをサブに設定した状態で、オート射撃機能の存在しない武器を拾った場合、自動的に単発モードに設定されます。

マッチング

マップ選択

  • AS、KR/JP、SEA、EU、RU
    • Vikendiを新マップKarakinに差し替えました。(カスタムマッチでは、Vikendiマップを選択してプレイすることができます。)

新マップ+3つのランダムマップ

  • NA
    • Vikendiを新マップKarakinに差し替えました。(カスタムマッチでは、Vikendiマップを選択してプレイすることができます。)
    • 新マップ: Karakin
    • ランダムマップ: Erangel、Miramar、Sanhok
    • マッチング時間が長引くと、新マップが無効になる場合があります。その場合、ランダムマップのみの選択になります。

ランダムマップ

  • OC、LATAM
    • Vikendiを新マップKarakinに差し替えました。(カスタムマッチでは、Vikendiマップを選択してプレイすることができます。)
    • すべてのマップが同じ確率で選択されます。

開発:今回お披露目する新マップであるKarakinを準備しながら、このマップを既存のサービスにどのように合致させたらよりよいゲームプレイ経験を提供できるのかについてとても悩みました。現在、PUBGにはErangel, Miramar, Sanhok, Vikendiの4つのマップがあり、Karakinは5番目のマップとなります。プレイヤーの皆さんにはマッチメイキングをはじめとするPUBGのゲームプレイ経験をしていただくため、マップ数を増やすのではなく、ローテーションシステムを実装し、安定的なサービスを提供することを決断しました。その第一歩として、新マップKarakinがVikendiの代わりとなりました。Vikendiはカスタムマッチにてプレイすることができます。

2018年12月Vikendiがリリースされた後、開発チームでは、各コミュニティーを通じて、Vikendiにおけるアイテムスポーンバランスなど様々な意見を集めましたが、データ分析の結果としてVikendiにはまだまだ改善の余地があるとわかりました。Vikendiを好みプレイしているプレイヤーの皆さんには、より一層良いサービスを提供するため、新しいVikendiをお披露目できるよう最善を尽くして準備を進めています。今後のVikendiに関しては、お知らせを通じてご案内する予定です。

また、多くのプレイヤーの皆さんからVikendi専用武器であるMP5KとG36Cを継続して使用できるよう他のマップにおいて、果たしてどのマップが適当なのかという部分に関して分析後、修正する予定です。

※Extra Note:Vikendi専用武器であるMP5KとG36Cを使用できるよう技術的な検討を進めています。

Vikendiの代わりとなる今回の新マップKarakinに多くのご関心と皆さんのフィードバックをお待ちしております。

マスタリーシステム

  • ゲーム画面の終わりに、自分のPUBG IDが確認できるようになりました。
    • 確認されている現象:PUBG IDにおいてキャラクターモデルが見えない現象
  • 観戦中のプレイヤーのPUBG IDが確認できるようになりました。

UI/UX

  • メインメニューに「パス」ボタンを追加
    • クリックするとSurvivor Passに移動できます。

リプレイシステム

  • リプレイシステムをアップデートしました。既存のリプレイファイルは利用できなくなります。

サウンド

銃操作音の改善

  • リロードと武器変更の効果音を改善しました。
  • リロード動作時、袖を掠る音、手でアタッチメントを掴む音などの細かい表現を改善しました。

照準/スコープ使用中における、武器の機械的構成に応じた効果音の細分化

  • 照準合わせ/スコープ使用の際に、武器の種類に応じてアタッチメントの振動音に幅を持たせました。
  • 効果音はハンドガンとそれ以外の2つに分けられます。ハンドガンは他の武器と比べて、アタッチメントから発生する音が小さい、あるいはまったく発生しない仕様になっています。

パルクール使用時の効果音の改善

  • パルクール時の細かい音の表現(手と体の接触音、襟と肩のこすれる音など)を改善しました。
  • パルクールするオブジェクト(コンクリート、金属、木)ごとに異なる効果音が出力されるよう改善しました。

Vikendiの効果音のバランス変更

  • 天候が「月光」の際、風の効果音の音量が小さくなりました。

確認されている現象:地下における階層別のサウンド表現が正常に作動していないことが確認されています。地下の状況と適合しないサウンドが出力され、地下内外部において他のキャラクターとの距離感覚を掴むことが難しい状況が発生しております。当現象を修正するために、地下における独自のサウンド表現を構築中にありますが、開発状況の関係により4月アップデートを目標としております。

パフォーマンス

World Origin Shift

  • World内において、位置処理プロセスを最適化し、ヒッチング(カクつき)現象を緩和しました。

スキン&アイテム

下記アイテムは、アップデート6.1がライブサーバー適用後、ゲーム内ショップにて販売開始されます。

  • Golden Dragon スキン5種追加
  • Golden Phoenix スキン5種追加
  • Lunar New Year スキン 9種追加

Vikendi

  • MP5KとG36Cの武器スキン(BATTLESTAT)は、一時販売を中止し、他のマップにアップデートされ次第、販売が開始される予定です。

不具合修正

ゲームプレイ

  • 運転席以外の座席から、ADS状態で運転席に移動した際、カメラ視点が一時的にずれる現象を修正しました。
  • M249 銃器のアイアンサイトが正常に表示されない現象を修正しました。
  • 「伏せる」に関するキーの保存設定機能が正常に機能しない現象を修正しました。
  • FPP視点状態でキャラクターがオートバイの後部座席に乗車後、投擲武器使用した際、キャラクターの上半身が不自然になる現象を修正しました。

UI/UX

  • チームメンバーのキャラクターにある頭上のUI位置情報が視野に入る度に正常な位置に更新される現象を修正しました。
  • 特定のキーを入力した際、UIが正常に出力されない現象を修正しました。
  • PUBG IDにおいて、装備中のヘルメットがキャラクターの頭部に適応される現象を修正しました。

カスタムマッチ

  • Warモードにおいて、Warスポーン支援キット項目にてレッドドットサイトが表示されない現象を修正しました。
  • Warモードにおいて、銃器を保持したまま次のラウンドに移った際、クロスヘアーが重複表示される現象を修正しました。

サウンド

  • Vikendiにて、「月光」天候の環境音が「曇天」天候の環境音と重複して大きく聞こえる現象を修正しました。

スキン&アイテム

  • Tommy Gunの武器スキンテクスチャーが正常に出力されない現象を修正しました。
  • 男性キャラクターが特定のPGIスキン着用した際、下半身が正常に出力されない現象を修正しました。

 

この記事を議論する
この記事を共有する