開発 | 血のエフェクト効果

プレイヤーの皆さん、こんにちは。

昨年12月のアップデートで、ヒットした際の周辺に残る血痕と、血のエフェクト効果のアップデートを実施しました。この変更に関しては、コミュニティの皆さんからさまざまなご感想をいただきました。そこで今回は、変更の内容とその目的、そして方向性についてより詳細に説明させていただきます。

1つ目の変更は、新しいヒットエフェクトです。これはすべての色覚モード設定で一律のデザインになっています。色覚調整やレーティングの設定にかかわらず、飛び散る血の大きさを同じにすることで差が出ないようにしました。このような仕様にした一番の目的は、すべてのグラフィック設定で統一された新しいエフェクト効果を作り、設定次第で大幅に優位に立つプレイヤーが出ないようにすることです。

2つ目の変更は、すべてのヘッドショット(頸部にヒットした場合も含む)においてヒットがより確認しやすいように、目立つヒットエフェクトを出すようにした点です。変更前は、遠くであればあるほど相手にヒットしたかどうか判断するのが困難でした。そのためプレイヤーは、当たりはずれを推測するしかありませんでした。当たりはずれによって、その後の行動指針が大きく変わる可能性もあるため、明確にヒット位置がわかるようにという意図がありました。この変更によって、パフォーマンスが小幅向上されるという嬉しい副産物も確認されました。

3つ目の変更は、周辺環境に血痕を追加した点です。敵プレイヤーが撃たれた場所近くの壁や床に血痕が残っていれば、最近その場所でいざこざがあったとわかります。ドアはしっかり閉まっているのに、あちこちに血痕があるとしたら?誰かが奇襲を仕掛けてくるかもしれないという可能性を予測することができます。これらの視覚的手がかりが、Vikendiの足跡と同様の働きをしてくれるよう願っています。

最後の変更は、キャラクターがケガしたときのテクスチャーをアップデートした点です。銃撃を受けた部位が広がる現象や、間違って表示される現象を最小限に抑えるほか、このような減少が発生する可能性を除去しました。また、ケガのテクスチャーが身体の異なる部分に反映されてしまう不具合を修正しました。

血のエフェクト効果アップデート後、コミュニティからのフィードバックのおかげもあり、いくつかの懸案事項に気づくことができました。中でも一番の懸念事項は、変更前に比べて血のエフェクトが見づらくなった点です。血のアップデート後、血のエフェクト効果の大きさが小さく、可視性が落ちてしまうがゆえに遠距離からの判別が困難、キャラクターが影の中にいる場合にははっきりわからなくなるという皆さんからのフィードバックを受けて12月23日にホットフィックスを実施し、新しい血のエフェクト効果を大きく見やすくし、さまざまな光の条件下で見える血の色については、不適切なものを修正しました。 しかし未だ最初の変更前の血のエフェクト効果に比べ可視性が落ち、連続して被弾した場合の被弾回数を確認することが困難という皆さんからのフィードバックは認識しています。

今後も皆さんのフィードバックを基に、エフェクト効果の見やすさを改善していく予定です。次の段階では、エフェクト効果をより滑らかにし、血痕の大きさを距離ではなく画面サイズに応じて調整していく予定です。現在、血のエフェクト効果は、プレイヤーとの距離に応じて拡大・縮小しています。遠いところにいるプレイヤーには大きな血のエフェクトが見え、だんだん近づくにつれてエフェクトも小さくなっていきます。これは、血のエフェクト効果が遠くからでも視認できるようにするためです。今のところうまくいっているのですが、この仕様はスコープのズームを考慮に入れていません。したがって、高倍率のスコープを使って遠距離から見ると、現状では大きな血のエフェクト効果が見えることになり、それは不自然なほど大きくなってしまいます。次回の変更では、2人のプレイヤー間の距離だけではなく、スコープの拡大縮小によるエフェクト効果のスケーリングを考えます。

また、血のエフェクトの大きさの変更と同時に血の色覚がキャラクター周辺の明るさに影響を受けることなく、よく見えるように調整し、ヒット時には血のエフェクトが即時出力されるよう断続的なヒットが発生した場合でも、ヒット回数をより判別しやすいように変更する予定です。最後に、血のエフェクトが液体のように流れるようなテクスチャーを、血が飛び散るようなテクスチャーになるよう修正する予定です。

現在、CONSOLEでは、適用以前に解決しなければならないパフォーマンスの問題があるため、現在は変更前の血のエフェクト効果に戻した状態です。こちらの問題が解決され次第、CONSOLEでも、新しい血のエフェクト効果を適用する予定です。

私たち開発チームは、これらの新しい血のエフェクト効果がビジュアル的にも素晴らしく、プレイヤーの皆さんにも有益な視覚的手がかりになるように開発しています。一方で、ディスプレイ設定がゲームバランスに有利に働くことのないように開発をするつもりです。

上記の通り、お知らせした内容は2月のアップデートで適用を目標にしており、エフェクト効果に関する改善に進捗があればその都度皆さんにお知らせいたします。プレイヤーである皆さんのフィードバックに感謝の意をお伝えするとともに、各地域のコミュニティーマネージャーが皆さんの様々なご意見を反映できるよう努力いたします。

 

Animation&Gameplay Unit

この記事を議論する
この記事を共有する