PGC 2020への旅路 - PUBG GLOBAL SERIES

 

PUBG Esports ファンの皆さん、こんにちは。

昨年12月、Esports 2020 PUBG Global Series を通じて2020 PUBG Esportsの方向性と計画をお伝えし、チーム、ファン、そしてスポンサーと共に発展していける生態系を構築するとお約束しました。

そして今日、PUBG Esportsのフェーズを国際的なものへと昇華させ、参加チームの実力を世界の舞台で示すにあたって核心的な役割を担うPUBG Global Series(以下PGS)の詳細をお伝えしようと思います。

PGS, PGCへの3ステップ

2020年は、年4回にわたってPUBG主催の国際大会が行われます。3回のPGSに続いてPUBG Global Championship(以下PGC)2020が大尾を飾り、PGC 2020を通して2020 PUBG Esportsにおける最強チームが決定されます。

PGSは韓国、中国、日本、欧州、米国、そして他アジア6カ国地域における地域リーグを通じて決定される28チームと昨年PGC 2019の上位4チームを含めた計32チームでの戦いとなります。

各PGSは、Group Stage(グループステージ)、Elimination Stage(イリミネーションステージ)、そしてGrand Finals(グランドファイナル)の3段階で構成されています。計9日間にわたり開催されるPGSは、まずグループステージで32チーム中、上位12チーム(各グループ6チーム)は、即時グランドファイナルへの出場が確定され、残り4枠はイリミネーションステージにて決定されます。

 

このようにPGSで最高のパフォーマンスを披露した16チームは、きたる11月に開催されるPGC 2020 に出場し、2020 PUBG世界チャンピオンの栄誉を掛けて最終決戦に臨むことになります。10月に実施される第3回目のPGSでの上位4チームに関しては、PGC 2020への出場資格が付与され、これを除く12枠はPGS決勝戦において獲得した累積ポイントの合計によって決定されます。 

アップグレードされた収益分配モデル

賞金とクラウドファンディングを合わせて600万$を超える賞金総額をPGC 2019出場チームへ分配させていただいた成功体験を基に、PUBG株式会社は今年、より多角化された収益分配モデルを準備しています。賞金とクラウドファンディングを合わせてPGSに参加するプロチームには、各大会あたり最低2万$が保証されるようにしました。3回のPGSでは各大会あたりの賞金総額50万$、そしてPGC 2020は賞金総額200万$に設定しました。

そして、チームにもたらされるメリット拡大のため、優勝チーム予想イベント(Pick’Em Challenge)をアップグレードし、魅力的なPGS記念アイテム販売の活用を継続してクラウドファンディングプログラムを拡大する予定です。各PGS記念アイテム販売収益の25%が賞金に配分され、このうち10%は各大会の賞金、10%は参加チームに配分、そして残り5%はPGC 2020の優勝賞金に追加する計画です。

PGS第一のバトルグラウンド、PGS: ベルリン

PGS開幕の火蓋を切るPGS: ベルリンは、3月31日より4月12日まで、約2週間の間Messe Berlinにて開催されます。3月31日より4月5日までグループステージとイリミネーションステージを行い、4月10日より3日間にわたってグランドファイナルが行われ、最初のPGS優勝チームが決定されることになります。

PGS出場チーム選出のための地域別リーグは、3月中に完了される予定となっており、もうまもなくPGSに出場する32チームを確認することができるでしょう。地域別リーグ詳細に関しましては、各地域のPUBG Esportsページをチェックしてください。

2020 PUBG Esportsに多くのご関心と、ご声援をお願い申し上げますと共に、PUBG Esportsの生態系構築に最善を尽くしていきます。

この記事を議論する
この記事を共有する