アップデート | PC - パッチノート#6.2

更新

※2/18:

  • スキン&アイテムの一部項目が更新されました。
  • Survivor Pass: Shakedownの一部項目が更新されました。

※2/14:

  • 不具合修正→テストサーバー項目を追記しました。
  • ブルーゾーン項目のうち「ブルーゾーン効果音」を削除しました。

※2/13:一部表記に誤りがあったため、修正しました。

 

プレイヤーの皆さん、こんにちは。

Season 6が最高に盛り上がっていますが、Karakinのエキサイティングなゲームプレイはお楽しみいただけていますか?いよいよ待ちに待ったノンストップアクション・ゲームモード、チームデスマッチの登場です。PUBGラボも復活します。第1次テストのフィードバックに基づいて、実力基盤レーティングシステムの第2次テストが開始される予定です。

また、要望の多かった投擲武器に関する変更も実施しています。特に注目したのはフラググレネードで、全体的な威力が見直されることになります。

では詳細をご確認ください!

チームデスマッチ

待望のチームデスマッチモードが遂に登場!既存のマップから選ばれた7つの地域で、緊張感あふれる8 vs 8 、FPPモードでプレイすることができます。チームデスマッチでは、PUBGではお馴染みのシステムとガンプレイに加えて、リスポーンによる戦場への復活でアクションと楽しさが倍増しています。ブーストゲージは、従来のものとは違う機能を持っており、キルやアシストをするとブーストゲージが増加して、5秒間ダメージを受けずにいるとHPが回復し始めます。

勝利条件はシンプルです。1ラウンド10分間で、相手チームより多くキル数を獲得するか、最初に50キルに到達したチームがラウンドで勝利。2ラウンドを先取したチームがマッチの勝者となります。

ゲームモードの概要

  • 8 vs 8
  • FPP
  • スポーンキット
  • リスポーン
  • 気絶なし
  • チームキルなし

チームデスマッチの詳細に関しては、こちらをご覧ください。

ロビーに新たに追加された「プレイ」→「ARCADE」タブから、チームデスマッチにアクセスできます。

ゲームプレイ

投擲武器の仕様変更

  • グレネード
    • ベストは、グレネードによるダメージを軽減します。グレネードでダメージを受けても、ベストの耐久値は減少しません。
      • ダメージの軽減量は、装備しているベストのレベルによって異なります。被弾によるダメージと同じ軽減率が適用されます。
    • プレイヤーが伏せている場合、グレネードのダメージは20%減少します。
    • アイテムの重量が50%上昇します。
      • グレネード1つのインベントリ内の容量が、18→27に増加。
    • ピンを抜いたときの音が大きくなったため、さらに遠方からでもわかるようになりました。
  • スモークグレネード
    • 安全ピンを抜いてから爆発までの時間が3秒から1秒後に短縮されました。
  • スタングレネード
    • 間接影響範囲が拡大されました。
      • 5m → 6.5mに拡大されました。
    • 壁越しに音の効果が及ぶようになりました。
      • グレネードと同じ仕様ですが、効果範囲は狭くなっています。
    • 爆発地点の近くにいるプレイヤーのカメラが微かに揺れます。
    • メカニズム
      • スタングレネードは衝撃を受けた場合0.7秒後、または時間経過後に爆発します(どちらか先に起こったほうが優先される)。
      • 安全ピンを抜かずに投擲した場合、爆発までの時間が5秒に延長されました。
      • 安全ピンを抜いてから爆発までの時間は5秒のまま変更なし。
    • 火炎瓶
      • 炎が広がるスピードが50%上昇。
      • 炎の広がる範囲及びダメージ範囲がわずかに拡大されました。
      • オブジェクト周辺への炎の広がり方が変更され、オブジェクト(木のような厚みがないものは特に)裏側までより確実に炎が広がるようになりました。
      • 炎の中に立っているとき、スリップダメージに加えて直接ダメージを受ける仕様が復活しました。
        • 炎に巻き込まれたプレイヤーは、1秒間につき追加ダメージを10受けます。
      • 炎がより高い場所まで届くようになり、小さなオブジェクトによって遮られることも少なくなりました。

グレネードとスタングレネードの視覚効果もアップデートされ、またグレネードのサウンドもよりリアルになりました。

右ピーク/リーン

PUBGでは、オブジェクトの右側から射撃をすると、キャラクターの露出を最大限小さくすることが可能となっていました。これについてはコミュニティーでも話題となりこの仕様を利用するプレイヤーが増加した結果、さまざまな議論が行われました。

この仕様はPUBGにおける核心的なゲームデザインに関わる内容となるため、これを完全に排除するのはとても困難であると判断しています。

しかし、コミュニティーの要望に応えて今月発表させていただいたとおり、今回のアップデートでこの仕様に変更を加える予定です。アップデート後、オブジェクトの右側から敵を覗き込んだとき、敵からキャラクターがより見えやすくなります。

変更点

  • オブジェクトの右側から敵を見るとき、そのプレイヤーのキャラクターの身体部分は敵からより見えやすくなります。
    • ADS時において以前よりもキャラクターの頭部分がスコープに近い位置へ傾くようになりました。その結果、頭部分の露出が少し増加しました。
    • いくつかの武器は、オブジェクトの右側から使用すると、敵からプレイヤーがより見えやすくなるように調整が加えられました。

今後もこの変更点に関して、コミュニティーのフィードバックを参考にさせていただきます。

Karakinのアイテムスポーンに関するアップデート

Karakinアイテムスポーンバランス調整後、継続的にモニタリングを実施しました。その結果、いくつかの問題点が確認されました。1つ目は、Karakinマップをプレイする際の交戦頻度に対する回復アイテムがとても少ないということ、2つ目はDMR,SR, そしてWin94のような遠距離に特化した武器が交戦において予想以上に強い影響を与えていることです。

認識している問題点に基づき、次のようなアイテムバランス調整が行われました。

  • 応急処置キット、及びブーストアイテムのスポーン率が上昇し包帯のスポーン率が減少しました。
  • DMR、SR、Win94のスポーン率が減少しました。
  • G36CとMP5Kがスポーンするようになりました。

依然として、Karakinにおける遠距離武器の必要性に関しましては認識していますが、私たちは強い武器を取得するにあたっては、それ相応のリスクが必要だと考えました。また、Vikendi差し替え後、皆さんからの継続的なフィードバックに基づいて、G36CとMP5Kを追加し、Karakinで登場する補給物資を透過する輸送機の速度が遅いというフィードバックを反映し、以前よりも多少速い速度になるよう調整しました。

最適なスポーンバランス調整のためには依然として皆さんからのフィードバックが非常に重要となります。SLRを取得するにあたって時間をさらに投資する価値がありますか?あるいは長距離武器をなくしたほうがより競争的になるのでは?などなど、アップデートされたKarakinを是非プレイしていただき、皆さんのご意見をお伝え下さい!

ブルーゾーンエフェクトのアップデート

  • ブルーゾーンエフェクトがアップデートされました。
  • ブルーゾーンの歪みエフェクトを削除しました。
    • ブルーゾーン境界部分のエフェクトを変更し、よりはっきり識別できるようになりました。
    • ブルーゾーン境界壁の高さを低くしました。
    • ビジュアルシェーダーをアップデートしました。
    • ブルーゾーンエフェクトがフェーズ進行に従ってより顕著になりました。
    • ブルーゾーンに入退出するときのサウンドを変更しました。
    • ブルーゾーン効果音が10m~15mの距離から小さいボリュームで再生されるようになりました。
      • これによりブルーゾーンが接近していることがわかりやすくなりました。

ブルーゾーン効果音につきまして関連作業中に発生した技術的な問題によりブルーゾーン効果音が2月アップデート内容から削除されました。

ヒットエフェクトの視認性改善

  • 遠距離におけるヒットエフェクトの彩度を修正し可視性を改善しました。
  • 距離によって、ヒットエフェクトの大きさが変更されるようになりました。

パラシュートのアップデート

  • チームメンバーが一緒に着地できるようフォロー機能を追加しました 。
    • マッチ開始前のカウントダウン時に、画面左下にフォローUIが表示されるようになりました。
      • マップを開いてフォローしたいチームメンバーを選んでください。
      • 飛行機飛び降りるまでの間、フォローするチームメンバーを選択できます。
      • フォローの中止は、降下前、降下中においても可能です。
      • マップ画面及びFキーでフォローの中止が可能です。
      • 地形やオブジェクトに衝突すると、フォローは中止されます。

PUBGラボ – 実力基盤レーティングシステム テスト

ラボ: 実力基盤レーティングシステム – 第2次テスト

昨年末より今年にかけて実施されたPUBGラボの実力基盤レーティング システムの第1次テストに参加してくださいましたプレイヤーの皆さんに感謝を申し上げます。皆さんのフィードバックや、テストで得られたその他のデータに基づき、以下の変更を実施しました:

  • 今回の第2次テストでランクを獲得するには、プレイヤーは5回のマッチをプレイする必要があります。
    • ここで獲得可能な最高ランクはプラチナ4(2600RP)となります。
  • 全体的なアルゴリズムが、第1次テストから得られたデータやフィードバックに基づいて調整されました。
  • アシストがレーティングに影響するようになりました。
    • RP(レーティングポイント)増減に関して、アシストがキルと同等な価値を持つようになりました。
  • チームキルは、正常なキル数としてカウントされず、ネガティブなものとしてカウントされます。
  • ランクごとに獲得できるRPの変動値が異なるようになりました。ランクが低いほど増加幅の最大値が大きくなるように調整しました。
  • マスターランク3,500RPより100RPごとに難易度が上昇し、ランクアップに伴って難易度が高くなりました。
  • プレイヤーが到達できるRPの最高値が5000になりました。

テスト期間(ライブサーバー):

  • テスト開始: 2020年2月19日 09:30 AM(日本標準時)
  • テスト終了: 2020年3月04日 05:00 AM(日本標準時)

テスト期間(テストサーバー):

  • 開始: 2020年2月14日12:01 PM(日本標準時)
  • アンケート調査期間:
    • テスト期間終了後、1週間設けられます。
      • 開始: 2020年3月5日午前5:00(日本標準時)
      • 終了: 2020年3月12日午前5:00(日本標準時)

UI/UX

  • フレンドリストのUIが改善されました
    • オンラインまたはオフライン状態のアイコンが追加されました
    • ID検索ボタンのUIが改善されました。
    • 「チームを抜ける」ボタンが「チーム」タブ内に移動しました。
  • プロフィールに表示されていたアイコンが、プレイヤー名の左側に移動しました。
    • フレンドリストにあるIDにマウスでカーソルを合わせると、左側にメニューが表示されます。
    • 招待、フォロー/フォロー中止、プロフィール、追放機能は、表示されたメニューから実行可能です。
  • オンライン状態のユーザーは、フレンドリストのトップに表示されるようになり、オフラインユーザーは折り畳み式のリストに個別に表示されます。
  • 「最近」タブでは、直近に一緒にプレイしたユーザーがトップに表示されるようになりました。
  • 「チーム」タブでは、スロットが4つに分割されており、スロット数は選択されているゲームモード(SOLO/DUO/SQUAD)によってアクティブに変動します。
    • ホストプレイヤーはIDの左上に星が表示されます。
  • 「招待」ボタンが、「シーズン」→「戦績」ページに追加されました。
  • 始まりの島にて表示されるキーガイドテキストが修正されました。
    • ゲームプレイに直接影響がしない他のオプション(マップ、ミッションリスト、インベントリ等)と同様にキーガイドは名詞形で表示されます 。
    • Alt+K: キーヒント切り替え→Alt+K: スクリーンのキーガイド
  • Karakinマップにおける明るさの調整機能を追加しました

パフォーマンス

  • ワールド内の位地情報処理を最適化する機能が追加され、パフォーマンスが向上しました。

カスタムマッチ&オブザーバー

  • カスタムマッチ
    • Erangel Classic(旧Erangel)が削除されました。
  • オブザーバーのUIが改善されました
    • 名前レイアウトUI内のサブウェポン一覧の武器アイコンが中央に表示されるよう調整しました。
    • 名前表示のUIにおいて、すべてのエリアにグリッド調整を行いました。
    • チームナンバー(ロゴ)エリアのデフォルトのパターンを修正しました。
      • このパターンはロゴを使用していないときに表示されます。パターンエリアの修正により、台形でもストライプのパターンが正しく表示されるようになりました。
      • これに該当するUIは、プレイヤーリスト、名前表示、チームリストです

ワールド

  • Erangelの名誉の殿堂に「PGC 2019」のチャンピオンと新規コンテンツが追加されました。
    • 「PGC 2019」のチャンピオンであるGの写真と、同大会のパノラマ写真が追加されました。
    • PGIのキーアートの記章とバナーが削除されました。Gの記章とバナーが別の場所に追加されました。
    • 2019年にPUBGが開催したPAI、PNC、PGC等の世界的イベントのポスターが追加されました。
    • 「PGI 2018」FPPのチャンピオンであるOMGのグラフィティが削除され、代わりに2019年のチャンピオンのGのグラフィティが追加されました。
    • 「PGI 2018」のチャンピオン(OMG、G Gold)と「PGC 2019」のチャンピオン(Gen.G)のユニフォームが追加されました。
    • モールディングのチャンピオンの名前が削除されました。
    • 「PGC 2019」のトロフィーが追加されました 。

スキン&アイテム

  • 販売期間:2月19日 ~ 3月18日となっており、ライブサーバーにアップデート6.2適用後、ゲーム内ショップにて購入可能になります。
    • CHEERLEADER SET: 5アイテム
    • BADLANDS LEISURE SET: 4アイテム

BADLANDS LEISURE SETの販売が2月から3月に延期されました。

  • デザイン
    • すべてのパラシュートバックのデザインが刷新されました。
    • パラシュートスキン適用の場合においても、パラシュートバックは新しいデザインになります。

左: 改善前 右: 改善後

Survivor Pass: Shakedown

Survivor Passのシーズンミッションのうち2つ目のトラックが解禁され、Karakinマップ専用ミッションが新たに6つ4つ追加されました。新しいミッションはライブサーバーアップデート後に確認することができます。

  • Karakinで3分以上生存する。
  • 粘着爆弾で破壊可能な壁を2回破壊する。
  • ブラックゾーンで累計2回生存する。
  • Karakinにて地名があるエリアに1回降下する。
  • 壁の貫通攻撃で合計100ダメージを与える。
  • 壁の貫通攻撃で1キルする。

ミッションを達成する過程において予期しない問題が発生したため上記2つのミッションがシーズンミッションより削除されました。

マスタリーシステム

  • 武器マスタリーのバランス調整
    • 武器マスタリーにおけるすべてのレベル区間において、レベルアップに必要なXPが減少しました。このアップデートにより皆さんの武器マスタリーのレベルが以前よりも多少高くなっています。
    • 技術的な問題により、PUBG IDが非活性化されました。
      • ロビー(マスタリーと直前のマッチタブ)では、引き続きPUBG IDを確認することができます。

リプレイシステム

  • リプレイシステムのバージョンアップにより、これまでのリプレイは使用不可になりました

不具合修正

ゲームプレイ

  • 潜水後キャラクターが水上に出ると、断続的に肺活量ゲージが即時回復される現象を修正しました。
  • Warモードにおいて、ゲーム開始まで残り0秒時にキャラクターがパルクールを行うと正常なリスポーン地点に移動できない現象を修正しました。
  • デスクレートがグレネードの爆発範囲の一部を防ぐ現象を修正しました。
  • 補給物資がグレネードの爆発によるダメージを防ぐことができない現象を修正しました。
  • FPP視点の時プレイヤーがヘッドショットされた際、血のエフェクトが過度に画面を遮る現象を修正しました。
  • 地上にスポーンしているアイテムを拾うと同時にブースト及び回復アイテム使用キーを連打すると動作出力なしに即時アイテムを使用できる現象を修正しました。

ワールド

  • 特定のオブジェクトにブルーゾーンが差し掛かると、オブジェクト周辺に透明な外郭線が生じる現象を修正しました。
  • Erangel及びKarakinマップの全体的な不具合修正が実施されました。

スキン&アイテム

  • 女性キャラクターがタトゥー衣装を着用し、Rapture Squadグローブを着用すると手首部分が透明になる現象を修正しました。
  • Tenebresコンバットベスト着用した際、脇部分が不自然になる現象を修正しました。
  • 男性キャラクターがPGIタイトルレギンスと靴下がある靴スキンアイテムを着用した際、不自然に見える現象を修正しました。

UI/UX

  • リプレイ画面のミニマップにおいて、他プレイヤーのUIが表示されない現象を修正しました。
  • リプレイにおいてワールドマップとミニマップのグリッドサイズが正常に表示されない現象を修正しました。

サウンド

  • 粘着爆弾の爆発音が、他の爆発音に比べ、大きい現象を修正しました。

テストサーバー

  • 被弾時及び高い場所から着地した際、キャラクターの声が出力されない現象を修正しました。
  • 損傷された防具をインベントリから放棄し再度着用した際、損傷を表す数値が出力されない現象を修正しました。
  • 一部アイテムを着用した際に不自然に出力される現象を修正しました。
  • グレネードによりダメージを負った際の耳鳴りサウンドが、可聴範囲外のプレイヤーにも適用される現象を修正しました。
この記事を議論する
この記事を共有する