アップデート | CONSOLE - パッチノート#6.2

※2/25 : メンテナンス日程、PUBGラボ/実力基盤レーティングシステムのテスト日程について変更追記

※3/5:下記追記

予期しない技術的な問題のため、ライブサーバーアップデート6.2のパッチが再び遅れることとなりました。詳細については、こちらの開発レターをご覧ください。

度重なる遅延をお詫び申し上げますと共に、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

  • ライブメンテナンススケジュール(未定)を更新し、開発メッセージを追記
  • クロスパーティプレイにDev Noteを追記
  • クラッシュの解決に取り組んでいるときに、特定のスキンが一時的に無効になるという既知の問題を追記

※3/10:PUBGラボ実力基盤レーティングシステムテストスケジュールを変更追記

※3/11:パラシュートのアップデートについて削除、サウンドについて追記

 

プレイヤーの皆さん、こんにちは。

Season 6が最高潮に盛り上がっていますが、Karakinのエキサイティングなゲームプレイはお楽しみいただけていますか?
いよいよ待ちに待ったノンストップアクション・ゲームモード、チームデスマッチの登場です。
PUBGラボも復活します。第1次テストのフィードバックに基づいて、実力基盤レーティングシステムの第2次テストが開始される予定です。

また、要望の多かった投擲武器に関する変更も実施しています。特に注目したのはフラググレネードで、全体的な威力が見直されることになります。

では詳細をご確認ください!

PTS 期間:2/20(木)11:00 ~ 2/27(木) 3/3(火) 3/10(火)ライブサーバーメンテナンス終了まで

PTS 設定: 

  • 地域:NA
  • 視点:TPP
  • モード:Squad
  • マップ:Random (TDMもプレイ可能)

ライブメンテナンス日程:2/27(木) 14:00 – 20:00 3/3(火) 3/10(火)14:00 ~ 20:00

 

DBの移管及びクロスパーティ機能の導入により、メンテナンス時間が通常より長くなります。

※状況によって、ライブサーバーメンテナンスの日程が変更になる可能性があります。

PTS(パブリックテストサ)とは

PTSはPublic Test Serverの略であり、PUBGを購入した全てのユーザーの方が無料でアクセスできる公開テストサーバーです。 PTSではアップデート予定のコンテンツを本サーバー適用前に楽しめるだけではなく、バグや改善事項をユーザーの皆さんから事前に伺い、素早く修正する為の手段ともなっております。テストに参加する為にはPUBGを購入する必要があり、PUBG本体と共に自動的にダウンロードされます。

テストサーバーのユーザー情報、統計情報、保有アイテムなどの情報や進捗はライブサーバーアカウントに移転されません。

Xboxユーザーの場合:

Microsoft Storeから”PUBG – Public Test Server”アプリを検索するか、ダウンロードすることができます。

PS4をお持ちの方:

ライブラリーの「購入したコンテンツ」よりダウンロードすることができます。

 

クロスパーティプレイ

これまでになかったパーティプレイ!コンソール版のプレイヤーは、これからクロスパーティプレイ機能を通じて一つのチームを組むことができるようになります!

フレンドリストが一新されます。

  • フレンドリストを通じて、全てのコンソールプラットフォームのプレイヤーを検索することができます。
  • フレンドリストから4つのタブを確認できます。
    • プラットフォーム:現在のプラットフォームのフレンドリストが表示されます。Xbox Liveゲーマータグ(Xbox)またはPSN アカウント名(PS4)を利用してプラットフォーム固有のフレンドリストに追加したプレーヤーがここに表示されます。
    • PUBG:クロスプラットフォームパーティの機能をサポートする為の新規フレンドリストとなります。他のプレイヤーのプロフィールからフォローし、フレンドリストに追加することができます。
    • 最近:最近のマッチで一緒にプレイしたチームメンバーが表示されます。
    • チーム:パーティの状態で現在のチームメンバーが表示されます。

カスタムマッチからもクロスパーティプレイが可能となり、コンソールの全プラットフォームのプレイヤーが同じカスタムマッチでプレイすることができるようになります。

※3/5追記 Dev Note: Xboxでのボイスチャットの動作方法にいくつかの変更を加え、クロスプラットフォームパーティーですべてのコンソールプラットフォームのプレイヤーがコミュニケーションできるようにしました。
-カスタムマッチロビーでチームに参加すると、マッチがスタートするまで音声で通信できなくなります。

※3/11追記

Dev Note:CPP導入以前の戦績情報を全体の統計で閲覧できるように適用しました。

クロスプレー導入前シーズンのシーズン1、2、3の戦績は個別に確認することはできません。

 

チームデスマッチ

待望のチームデスマッチモードが遂に登場!既存のマップから選ばれた7つの地域で、緊張感あふれるFPPモードでの8 vs 8戦をプレイすることができます。チームデスマッチでは、kキルされても戦場へと舞い戻り、PUBGでお馴染みのシステムとガンプレイアクションが楽しめます。このモードにおいてのブーストゲージは、従来のものとは違う機能を持っており、キルやアシストをするとブーストゲージが増加し、5秒間ダメージを受けずにいるとHPが回復し始めます。

勝利条件は至ってシンプル。1ラウンド10分間で、相手チームより多くキル数を獲得するか、最初に50キルを達成したチームがラウンドに勝利し、2ラウンドを先取したチームがマッチに勝利します。

ゲームモードの概要

  • 8 vs 8
  • FPP
  • 武器スポーンキット
  • リスポーン
  • 気絶なし
  • チームキルなし

チームデスマッチの詳細に関しては、こちらをご覧ください。

ロビーに新たに追加された「プレイ」→「アーケード」タブから、チームデスマッチにアクセスできます。

ゲームプレイ

投擲武器の仕様変更

  1. 1.グレネード:
    1. a.ベストは、グレネードによるダメージを軽減します。グレネードでダメージを受けても、ベストの耐久値は減少しません。
      • 装備しているベストのレベルによって、ダメージの軽減量が異なり、被弾によるダメージと同じ軽減率が適用されます。
    2. b.プレイヤーが伏せている場合、グレネードのダメージは20%減少します。
    3. c.グレネードの重量が50%増加します。
      • グレネード1つのインベントリ内の容量が、18→27に増加。
    4. d.安全ピンを抜いたときの音が大きくなり、遠方からでも聞こえるようになりました。
  2. 2.スモークグレネード
    • 安全ピンを抜いてから爆発するまでの時間が3秒から1秒に短縮されました。
  3. 3.スタングレネード
    • 間接影響範囲が拡大されました。
      • 5m → 6.5mに拡大。
    • 壁の向こうにも音の効果が及ぶようになりました。
      • グレネードと同様ですが、効果が及ぶ範囲は狭くなっています。
    • 爆発地点の近くにいるプレイヤーのカメラ揺れ効果が適用されます。
    • メカニズム
      • スタングレネードは衝撃を受けた場合0.7秒経過、または爆発時間に達するかのどちらか先に起こったほうが優先的に適用されて爆発することになります。
      • 安全ピンを抜かない場合、爆発までの時間が5秒に延長されました。
      • 安全ピンを抜いた場合の爆発までの時間は2.5秒のままとなります。
  4. 4.火炎瓶
    1. a.炎が広がるスピードが50%上昇しました。
    2. b.炎の広がる範囲及びダメージ範囲がわずかに拡大されました。
    3. c.オブジェクト周辺への炎の広がり方が変更され、オブジェクト(木のような厚みがないものは特に)裏側までより確実に炎が広がるようになりました。
    4. d.炎の中に立っているとき、持続ダメージに加えて直接ダメージを受ける仕様が復活しました。
      • 炎に巻き込まれたプレイヤーは、1秒間につき10の追加ダメージを受けます。
    5. e.炎がより高い場所まで届くようになり、小さなオブジェクトによって遮られることが少なくなりました。

グレネードとスタングレネードの視覚効果がアップデートされ、またグレネードのサウンドもよりリアルになりました。

Karakinアイテムスポーン率のアップデート

Vikendiマップ専用武器を使用できない状況が残念であるというプレイヤーの皆さんからのフィードバックを受けて、Karakinアイテムスポーンバランスの追加調整を実施することを決定しました。

  • G36CとMP5KがKarakinに追加されました。
  • 応急処置キット、及びブーストアイテムのスポーン率が上昇しました。
  • 包帯のスポーン率が減少しました。
  • KarakinにおけるDMR、SR、Win94のスポーン率が減少しました。
  • Karakinにおいて、補給物資を投下する輸送機の速度が遅いというフィードバックを受け、以前よりも多少早くなるよう移動速度を調整しました。

右ピーク/リーン

PUBGでは、ピーク/リーンなしでオブジェクトの左側より右側から射撃をすると、キャラクターの露出を最も小さくすることが可能となっていました。これについてはコミュニティーでも話題となりこの仕様を利用するプレイヤーが増加した結果、さまざまな議論が行われました。

この仕様はPUBGにおける核心的なゲームデザインに関わる内容となるため、これを完全に排除するのはとても困難であると判断しています。

しかし、コミュニティーの要望に応えるべく今月発表させていただいたとおり、今回のアップデートでこの仕様に変更を加える予定です。アップデート後、オブジェクトの右側から敵を覗き込んだとき、敵からキャラクターがより見えやすくなります。

  • オブジェクトの右側から敵を見るとき、そのプレイヤーキャラクターが敵からより見えやすくなります。
    • ADS時において以前よりもキャラクターの頭がスコープに近い位置へ傾くようになりました。その結果、頭の露出が少し増加しました。
    • いくつかの武器において、オブジェクトの右側からの覗き込みの際、敵からキャラクターの身体がより見えやすくなるように調整が加えられました。

今後もこの変更点に関して、コミュニティーのフィードバックを参考にさせていただきます。

Way Point feature

  • 戦略的に移動経路を模索し、コミュニケーションできるWay Point機能を追加しました。
  • マップを開いた状態で(LB: Xbox One / L1: PS4)を押して、Way Pointの状態にするとご利用いただけます。
  • Way Point状態で(R-Stick: Xbox One / R3: PS4)ボタンを押すと、Way Pointを作成することができます。
  • 一回のWayPointを作成では最大4つのポイントしか入力することができません。
  • (Y: Xbox One / △: PS4)を押して、 自分が作成したWay Pointを削除する、または他の所にスタートポイントを設定し直すと、従来のWayPointは消えます。
  • DUO/SQUADモードでは、チームメンバーがWay Pointを作成するとラジオメッセージと一緒にマップ上に表示されます。

ブルーゾーンエフェクトのアップデート

  1. ブルーゾーンエフェクトがアップデートされました。
  2. ブルーゾーンの歪みエフェクトを削除しました。
    • ブルーゾーン境界部分のエフェクトが変更され、よりはっきりと識別できるようになりました。
    • ブルーゾーン境界壁の高さを低くしました。
    • ビジュアルシェーダーをアップデートしました。
    • ブルーゾーンエフェクトがフェーズ進行度に従ってより視認性の高くなるように変更されました。
    • ブルーゾーンに出入りする際のサウンドを変更しました。

パラシュートのアップデート

  • チームメンバーと一緒に着地できるようになるフォロー機能を追加しました 。
    • マッチ開始前のカウントダウン時に、画面左下にフォローUIが表示されるようになりました。
    • 左方向キーを長押しすると、フォロー機能のUIが有効になります。
      • フォローUIが有効になると、フォローボタンが強調されます。
    • 方向キーを上下に動かして、フォローする対象を選択できます。
      • 自分自身、またはすでに着地したチームメンバーはフォローできません。
    • フォローのキャンセルは、フォロー対象を選択し直すか、降下中に(B: Xbox One / 〇: PS4) ボタンを長押しでキャンセルすることができます。
    • 地形やオブジェクトに衝突すると、フォローはキャンセルされます。

PUBGラボ/実力基盤レーティングシステム テスト

ラボ: 実力基盤レーティングシステム – 第2次テスト

まずは昨年末より今年にかけて実施されたPUBGラボ実力基盤レーティングシステムの第1次テストに参加してくださいましたプレイヤーの皆さんに感謝を申し上げます。
今回のテストでは、皆さんのフィードバックや、テストで得られたデータに基づき、以下の変更を実施しました。

■ 今回の第2次テストでランクを上げるには、まず5回のマッチをプレイする必要があります。
・ この5回マッチの結果として獲得できる最高ランクはプラチナ4(2600RP)までとなります。
■第1次テストから得られたデータやフィードバックに基づき、 全体的なレーティング計算アルゴリズムが調整されました。
■ キルアシストがレーティングに影響するようになりました。
・ RP(レーティングポイント)増減に関してはキルアシストがキルと同等な価値を持つようになりました。
■ チームキルは、正常なキル数としてカウントされず、マイナス要素として計算されます。
■ 獲得できるRPの最大値がランク別に異なるようになり、ランクが低いほど最大値が大きくなるように調整しました。
■ マスターランクのプレイヤーの実力評価基準が3,500RPより100RPごとに上昇していき、ランクが上昇するほどマッチでのドン勝つ難易度が高くなりました。
■ プレイヤーが到達できるRPの最高値が5000になりました。

テスト期間(PTS):

  • 開始:2/20(木) 11:00
  • 終了:2/27(木) 5:00 3/3(火) 5:00

テスト期間(ライブサーバー):

  • 開始(パッチ時間):3/10(火) 20:00
  • 終了:4/2(水) 4:00

アンケート調査は、テスト終了後テスト期間内最後の1週間にわたって実施され、プレイヤーは自身の経験に基づいてフィードバックを残すことが可能です。

  • アンケート調査期間
    • テスト期間終了後、1週間
      • 開始:3/26(木) 4:00
      • 終了:4/2(水) 4:00

マッチメイキング

Dev Note: アップデート6.1に合わせ、Karakinの実装をされたことが、マッチメイキング時間に影響を及ぼすのかを検討しました。 その結果、残念ながらマッチメイキング時間に悪影響を及ぼすことが判明した為、単独マップからKarakinを外し、ランダムマップでのみ選択されるように調整しました。

UI/UX

  • はじまりの島にて表示されるキーガイドのテキストが修正されました。
    • ゲームプレイに直接影響を及ぼさない他のオプション(マップ、ミッションリスト、インベントリなど)のように名詞でのみ表示されます。
  • Karakinの明るさ調整機能が追加されました。
  • Xboxプレイヤーは、これからフレンドタブを経由することなく、ロビーからチームを離れることができます。
  • ニュース&バナーのUIにドット表示が付くようになり、合計でいくつバナーが登録されているか確認することができます。
  • 利用規約およびプライバシーポリシーの同意を個別に得られるよう変更されました。

パフォーマンス

  • ワールド内のオブジェクト位置情報処理の最適化機能が追加され、ゲーム全体のパフォーマンスが向上しました。

Dev Note: 時間をかけて、一部のプレイヤーが経験されているクラッシュの問題を対処したいと考えました。 調査の結果、不要なメモリーが使用されていることが判明しました。 この領域で最適化し、アップデート6.2にこれらの改善を適用し、クラッシュを軽減します。 メモリーの最適化は最優先事項であり、プレイヤーの全体的なゲームプレイ体験の向上を目指しているため、継続的に取り組んでいきます。 すべてのフィードバックとレポートに心より感謝申し上げます。 さらにクラッシュする場合は、引き続きお知らせください。

※3/11追記

サウンド


メモリ確保のためにサウンドファイルの圧縮作業を行いました。
Dev Note:メモリ確保のためにサウンドファイルの圧縮作業を行いましたが、サウンド品質が低下して聞こえるという動向と関連があるものと推定しています。 当該問題を早期に修正できるよう努めます。

カスタムマッチ

  • Erangel Classic(旧Erangel)が削除されました。

ワールド

  • Erangelの名誉の殿堂に「PGC 2019」のチャンピオンと新規コンテンツが追加されました。
    ・ 「PGC 2019」のチャンピオンであるGen.Gの写真と、同大会のパノラマ写真が追加されました。
    ・ PGIのキーアートの記章とバナーが削除されました。Gen.Gの記章とバナーが別の場所に追加されました。
    ・ 2019年にPUBGが開催したPAI、PNC、PGC等のブローバル大会のポスターが追加されました。
    ・ 「PGI 2018」FPPのチャンピオンであるOMGのグラフィティが削除され、代わりに2019年のチャンピオンのGen.Gのグラフィティが追加されました。
    ・ 「PGI 2018」のチャンピオン(OMG、Gen.G Gold)と「PGC 2019」のチャンピオン(Gen.G)のユニフォームが追加されました。
    ・ モールディングのチャンピオンの名前が削除されました。
    ・ 「PGC 2019」のトロフィーが追加されました 。

Survivor Pass: Shakedown

Survivor Passのシーズンミッションの2つ目のトラックが解禁され、新たにKarakin専用のミッションが4つ追加されました。
新しいミッションはライブサーバーアップデート後に確認することができます。

  • Karakinで3分以上生存する。
  • 粘着爆弾で破壊可能な壁を2回破壊する。
  • ブラックゾーンで累計2回生存する。
  • Karakinにて地名があるエリアに1回降下する。

マスタリー

  • 武器マスタリーのバランス調整
    • 武器マスタリーの全てのレベル区間において、レベルアップに必要なXPが減少しました。このアップデートにより皆さんの武器マスタリーのレベルが以前より多少上がっていることがあります。

スキン&アイテム

・ すべてのパラシュートバックのデザインが変更されました。

  •  パラシュートスキン適用の場合においても、パラシュートバックは新しいデザインになります。

(左:変更前 右:変更後)

 

不具合修正

ゲームプレイ

  • 断続的に潜水してから水上に出ると肺活量ゲージが即時回復される現象を修正しました。
  • デスクレートがグレネード爆発の一部を防ぐ現象を修正しました。
  • 補給物資がグレネード爆発によるダメージを防ぐことができない現象を修正しました。
  • FPP視点の時プレイヤーがヘッドショットされた際、ヒットエフェクトが過度に画面を遮る現象を修正しました。
  • 地上にスポーンしているアイテムを拾うと同時にブースト及び回復アイテム使用キーを連打すると使用挙動が表示されずにに即時アイテムを使用できる現象を修正しました。

ワールド

  • 特定のオブジェクトにブルーゾーンが指し掛かる際、オブジェクト周辺に透明な外郭線が生じる現象を修正しました。
  • Erangel及びKarakinマップの全体的な不具合修正が実施されました。

スキン&アイテム

  • 女性キャラクターがタトゥー衣装を着用し、Rapture Squadグローブを着用すると手首部分が透明になる現象を修正しました。
  • Tenebresコンバットベスト着用した際、脇部分が不自然になる現象を修正しました。

UI//UX

  • リプレイ画面のミニマップにおいて、他プレイヤーのUIが表示されない現象を修正しました。
  • リプレイにおいてワールドマップとミニマップのグリッドサイズが正常に表示されない現象を修正しました。

サウンド

  • 粘着爆弾の爆発音が、他の爆発音に比べ大きい現象を修正しました。

既知の問題

  • デスカメラを表示しているときに、ブルーゾーンのサイズが小さくなる音がアニメーションと同期しない現象について、稼働中のサーバーでパッチ適用にて修正予定です。
  • ※3/5追記:関連するクラッシュを解決するために作業しているときに、特定のスキンの装備を一時的に無効にします。
    • Tenebresコンバットベスト
    • 長袖のタートルネック(ブラック)
    • コンバットグローブ(カーキ)
    • Badlandsゴールドラインブーツ
    • Desert Flowerブーツ
    • マークスマンコンバットパンツ
この記事を議論する
この記事を共有する