DEV LETTER|ランクマッチ

ランクマッチのご紹介

多くの方がご存じの通り、ここしばらくの間PUBGでは実力に基づくランクマッチシステムの導入に力を入れてきました。ランクマッチでは、経験豊富なプレイヤーにさらなるチャレンジを与えます。上位ランクを目指し、他のプレイヤーの中で自分がどの程度の実力なのか確認することができるでしょう。ランクマッチは、絶え間なく進化するPUBGの核心的機能をさらに発展させ、多くの知見を与えてくれます。それでは、ランクマッチ導入の目標と概要について見ていきましょう。特定の情報に関する詳細は、今後数週間から数か月の間に随時発表していきます。

目標

  • PUBG Esportsで得られるインスピレーションやその方針を共有し、PUBGにおける実力を公的に測定する手段を提供します。
  • プレイヤーが自身のスキルとステータスを互いに披露し合える新たな手段を提供します。
  • PVP限定の真剣な競争に特化した環境を提供します。
  • ノーマルマッチとは区分され、ルールや設定を異なる目的のもとで独自に進化させた、新たなマッチを提供します。
  • 特別なランクマッチ専用ロビーやマッチ結果画面を導入し、ノーマルマッチとは違う雰囲気を作り出します。
  • 該当シーズンでランクマッチをプレイしたプレイヤーだけに贈られる、ユニークなシーズン報酬を新たに提供します。
  • ランクマッチとリーダーボードの整合性を保持するため、新システムを導入します。

ランクマッチシーズンの流れ

ランクマッチの新シーズン開始時は、すべてのプレイヤーがランクなしの状態に設定されます。プレイヤーは希望するモード (TPP/FPP) で評価マッチを終えると、最初のランクが決定されます。また今後皆さんが達成するランクは後のシーズンの評価マッチに影響を与えるようになります。しかし、これに関係なく評価マッチ後のランク上限はプラチナVとなります。

シーズンが始まるとマッチでランクポイント (RP) 獲得に比例して、ランクが変動していきます。また、シーズン終了時には、終了時点においてプレイヤーが達成した最高ランクに応じて報酬が贈られます。報酬については、後ほどもう少し詳しくお話します。

ランクマッチ|ルール

  • プレイヤー64名
  • FPP / TPP SQUADのみ
  • ランダムマップ (Erangel、Miramar、Sanhok)
  • レッドゾーンなし、BOTなし
  • より緊張感のあるブルーゾーンのタイミングとスピードに調整

ランクマッチでは、最大64名のプレイヤーが参加するPUBG EsportsのSUPERルールセットより派生したルールセットを採用します。ランクマッチでは、より迅速に多くのアイテムが手に入り、ブルーゾーンはより緊張感をもたらす仕様に調整、そして多くの要望に従いレッドゾーンを廃止しました。ランクマッチではプロ選手たちが大会で使用しているマップと同じもの (Erangel、Miramar、Sanhok) を使い、ランダムマップが採用されており、またランクマッチにBOTは出現しません。

FPPとTPPはどちらも採用することに決定しました。PUBG Esportsの主要なモードはFPPですが、通常のプレイヤーに最も人気があるモードはTPPだからです。マッチングはSQUADのみで行われ、1,2,3 Man – SQUADを選ぶことも可能です。FPPとTPPは別々にランク付けされ、いずれかのモードで達成した最高ランクによって、そのシーズンに獲得できる報酬が決まります。

ノーマルマッチとランクマッチには、他にもいくつか違いがあります。たとえばクロスボウとモーターグライダーは、今のところランクマッチではスポーンしません。ランクマッチで使用するルールとバランス設定に関しては、今後多くの議論がなされることでしょう。各システムのプランを立てて進化させる際には、皆さんのフィードバックを参考にさせていただきます。

ランクマッチモードの設定に関する詳細の完全版は、このDev Letterの最後に掲載したリストをご覧ください。

ランクマッチ|注意事項

数週間前Dev Letter2020年不正プログラム対応策&パフォーマンス計画でお話した通り、新しい規定を導入しランクマッチの公平性を担保しようと考えています。

ランクマッチをプレイするために、プレイヤーは固有の電話番号を使用してアカウントが本物であることを証明し、生存マスタリーで必要最小限のレベルに達していることが条件となっています。SMS認証のアカウントが永久的に利用禁止となった場合、そのアカウントにリンクしていたデバイスも利用禁止となり、別のアカウントの使用も認められません。(ConsoleではSMS認証不要)

実力のあるプレイヤーは、さまざまな状況下でもレベルの高いパフォーマンスができるものです。そのため、ランクマッチでは、ランダムなマップ選択を回避しようとするプレイヤーに対してペナルティを導入することにします。始まりの島からロビーに戻るプレイヤーにはペナルティタイムが設けられ、その間は再びマッチに参加することができません。さらにプレイヤーがゲームを早期離脱した場合、離脱した時間に死亡したと記録されます。これは、通常の死亡と同様にRPのロスにつながります。

プレイヤーはフレンドと自由にチームを結成することができますが、すべてのチームプレイヤー間でディビジョンの差が10以上離れていると、マッチに参加できません。また、チーム内のプレイヤーが1人でもランクマッチのマッチングに制限がかかっている場合、マッチを開始することはできません。

永久的に利用禁止となったプレイヤーは、リーダーボードから抹消されます。

ランクマッチ|報酬

ランクマッチプレイにおける昔ながらの伝統、つまり名誉が報酬です。シーズンごとに自分の業績を周囲に誇れるという点が肝ですので、その業績に応じたクールなアイテムを贈りたいと思います。

では主要な部分から見ていきましょう。ランクマッチのスキンセットは、ゴールドV以上のランクを達成したすべてのプレイヤーに贈られます。セットのスキンそのものはシーズンごとに変化しますが、ランクマッチならではの特別なデザインとしています。どのシーズンかわからなくても、ランクマッチ報酬のスキンだということが誰でもひと目でわかるようなデザインにするつもりです。このスキンセットはランクマッチシーズンごとに異なり、他では手に入りません。クールな報酬を逃したくなければ、頑張って参加し続けましょう!

ランク評価マッチを終えたすべてのプレイヤーの皆さんには、ランクマッチシーズン終了時にPUBG ID用のユニークなネームプレートとエンブレムをお贈りします。PUBG IDで、どのランクまで達成できたか周囲に示すことができます。最高レベルのプレイヤーである各地域のトップ500人は、ランクマッチのネームプレートとエンブレムセットに何かしら追加デザインが施されたものが贈呈され、他のマスターティアプレイヤーより一歩先を行っていることがわかるようになっています。

参考までに、ランクマッチにおいてもSurvivor Passのミッションをすべてできるようになっています。

最後に

今回のランクマッチアップデートは、非常に注目度が高いことから世界中でさまざまな意見が飛び交っています。ランクマッチに関するすべての議論、アイデア、フィードバックに感謝いたします。ランクマッチのルール、設定、マップ、視点は今後も進化し続けていきますので楽しみにしていてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。それでは、バトルグラウンズでお待ちしています!

– PUBGランクマッチ開発チーム

 

この記事を議論する
この記事を共有する