DEV LETTER: 足音サウンドリバランス

PUBGプレイヤーの皆さん、こんにちは。

サウンドはコミュニティーで最もよく取り上げられるトピックのひとつです。PUBGのゲームプレイに置いてサウンドは非常に重要な要素であることは知っています。私たちの目標は、誰にでも公平に没入感の高いリアルなサウンド環境を提供することですが、その過程でいくつかの問題が発生しています。今回のDev Letterでは、従来の足音サウンドが抱えている問題点とその改善についてお話しようと思います。

  • 土、砂、草など一部の材質上では足音サウンドそのもののクオリティーがよくない。
  • 距離に従って変化する足音サウンドが不自然。
  • 素足と靴での音響差が大きい。
    • 特に敵が素足の場合、靴を履いているときに比べて一定の距離からの音が非常に小さくなり、敵を特定することが困難になる。確かにこれは現実的には理にかなっているが、PUBGのゲームプレイにおいては理想的ではない。

上記の問題点について、プレイヤーの皆さんからのフィードバックはもちろん、現在の足音サウンドでは、プレイ中に重要な判断を下すのに必要な情報を得ることができません。その結果、多くのプレイヤーが足音を聞くためにあらゆるデバイスの音量を上げることに頼っており、別の大きな効果音が発生した際には、ネガティブな体験をすることになりかねません。

昨年2019年の夏に、従来の足音サウンドシステムの改善を行いましたが、システム上において意図しない混乱を招いたことからロールバックを実施しました。その後、より良いサウンドを提供しようと開発を続けてきました。そして今回、より改良された足音サウンドを開発しましたのでこのDev Letterを通じてお伝えしようと思います。

サウンドクオリティー改善およびディテール表現強化

これまでの足音サウンドはさまざまな材質におけるディテール表現が不足しており、同じ音の反復出力頻度が高いことから長距離移動時の足音サウンドが単調で不自然に聞こえる場合が多くありました。

新しい足音サウンドでは、同じ材質でもよりディテールなサウンドが聞こえるようになり、また単調な表現を最小化するため、さまざまなRandom Variationを追加しました。

 

 距離別足音サウンドクオリティー向上

距離に因って異なる足音サウンドを表現する際、従来の場合ではサウンドリソース自体はそのままにして、広域の音量と帯域幅を小さくしました。その結果、中長距離の足音は消音性が高く、質が低く聞き取りづらいサウンドとなり、良い音とはいえなかったです。

新しい足音サウンドは材質や動作別の特性によって距離を2つ(近距離、遠距離)、もしくは3つ(近距離、中距離、遠距離)に分け、それらに適したサウンドリソースを新しくデザインし交差出力されるようにしました。これにより中長距離の足音サウンドが従来のものよりも聞き取りやすくなりました。

靴を履いているときと素足の聴覚上のギャップを最小化

PUBGのサウンドはリアルであることも重要ですが、ゲームプレイの観点から公平性も重要だと考えています。この観点から従来のサウンドには靴を履いているときと、素足のときとでは聴覚上の大きなギャップが問題としてありましたが、私たちはゲームプレイをより良いものにするために、リアリズムを多少犠牲にする方法でこの問題を解決しました。

 

新しい足音サウンドは、靴を履いているかと距離に基づいてサウンドが生成されます。

  • 近距離では、靴を履いているときと素足の各サウンドの特性が維持されつつ、聴覚上のボリュームも同一に維持されます。
  • 中長距離の場合、両方ともすべて同一のサウンドリソースを使用するようになります。
  • よって、近距離ではリアルなサウンド表現を、中長距離ではゲームプレイ観点からより公正なサウンド表現をするようになりました。

 

ここまでの内容は、私たちが足音サウンドを改善するためにおこなったことの概要に過ぎません。

他のサウンドも微調整中で、銃声サウンドから足音サウンドまでゲーム内すべてのサウンド要素の適切なボリュームバランスを模索しています。今後アップデートがありましたらまた別のDev Letterをお届けします。また、足音サウンドだけでなくすべてのサウンドにおいて、プレイヤーの皆さんがよりPUBGに夢中になれるようなサウンドを提供できるようにしたいと思っています。

ありがとうございます。

PUBGサウンドチームKyungwon Park.

この記事を議論する
この記事を共有する